.
 プラモデルの買取・中古プラモデル専門店です!通販&買取いたします! コレクターズショップ クエスト
.
プラモデル買取のクエスト中古プラモデル ご利用案内絶版プラモデル お支払・配送プラモデル買取のご案内プラモデル買取などについてお問合わせ中古プラモデルの買取 運営者情報プラモデル買取の専門店 カート確認
商品カテゴリ
人気ホームページランキング ページビューランキング
アリイ製【ザ・アニメージ 超銀河伝説バイソン】1/76(ナナロクスケール)プラモデルシリーズ商品リスト
No. 通称(検索用) 定価 発売日   製品番号       製品名
1 バイソン 800 81- AR200A-800 装甲バトルスーツ・バイソン
2 カムイ 800 81- AR200B-800 装甲バトルスーツ・カムイ
3 ザリグ 800 81- AR200C-800 装甲バトルスーツ・ザリグ
4 ガスパル 800 81- AR200E-800 装甲バトルスーツ・ガスパル
5 ソムロ 300 81- AR201A-300 量産型バトルスーツ・ソムロ
6 ベンダー 300 81- AR201B-300 量産型バトルスーツ・ベンダー
7 モック 300 81- AR201C-300 量産型バトルスーツ・モック
8 クロノス 300 81-11 AR201D-300 量産型バトルスーツ・クロノス
9 ブッダ 300 81- AR201E-300 量産型バトルスーツ・ブッダ
10 ゲッツ 300 81- AR201F-300 量産型バトルスーツ・ゲッツ
11 スカラ 300 81- AR201G-300 量産型バトルスーツ・スカラ
12 ボルム 300 81-11 AR201H-300 量産型バトルスーツ・ボルム
13 ハリアー 300 81-8 AR202A-300 空間移動型カプセルドーム ドーム基地 ハリアーZ055
14 ドルビー 300 81-8 AR202B-300 空間移動型カプセルドーム ドーム基地 ドルビーM077
15 バイアス 300 81-12 AR202C-300 空間移動型カプセルドーム ドーム基地 バイアスB422
15 ギャロック 300 81-12 AR202D-300 空間移動型カプセルドーム ドーム基地 ギャロックG993
17 コントロールタワー 1000 81- AR204A-1000 ソリッド・ジオラマ(立体集合式 アニメジオラマ)
情景・コントロールタワー 『暁の死闘・ソムロ』
18 コンピューターセンター 1000 81- AR204B-1000 ソリッド・ジオラマ(立体集合式 アニメジオラマ)
情景・コンピューターセンター 『侵略への攻防・ベンダー』
19 ビーム砲攻撃基地 1000 81- AR204C-1000 ソリッド・ジオラマ(立体集合式 アニメジオラマ)
情景・ビーム砲攻撃基地 『奇襲攻撃・モック出陣』
20 ロボット整備工場 1000 81- AR204D-1000 ソリッド・ジオラマ(立体集合式 アニメジオラマ)
情景・ロボット整備工場 『再び戦場へ・クロノス』
. 鷲・暁の死闘 3200 81-12 AR284A-3200 ビッグサイズ アニメジオラマモデルセット 情景『鷲・暁の死闘』
バトルスーツ・バイソンVSバトルスーツ・ザリグ
. 鷹・暁の死闘 3200 81-12 AR284B-3200 ビッグサイズ アニメジオラマモデルセット 情景『鷹・暁の死闘』
バトルスーツ・カムイVSバトルスーツ・ガスパル

■未発売キット■
アニメジオラマセット【1】 海戦の場面 600円
アニメジオラマセット【2】 市街地跡 600円
アニメジオラマセット【3】 破壊跡 600円
アニメジオラマセット【4】 砂漠 600円
1982年に発売予定だった上記キット4点は、同社が『ザ・アニメージ PARTU』のシリーズ終了直後から発売を開始した『超時空要塞マクロス』シリーズの
【22】 マクロスジオラマ 1/100 バルキリー市街戦
【24】 マクロスジオラマ 1/100 ディフェンダー砂漠戦
【26】 マクロスジオラマ 1/100 ガウォーク破壊
【28】 マクロスジオラマ 1/100 スパルタン海戦
以上のキット4点にコンセプトのみをスライドさせたと考えられます。
.
その『マクロスジオラマ』シリーズも有井の常套手段《転生》を発揮したシリーズでしたが、当時イマイ社がマクロスの主要メカをシリーズ1〜20番内で発売し終えた後も、『ガウォーク・バルキリー』『ファランクス』や『ヌージャデルガー』といった新金型を発売したのに対し、有井のその商品展開には首を傾げるばかりだった。
しかも【26】1/100 ガウォーク破壊でガウォーク・バルキリーの金型を新造したのは良かったのですが、インストやパッケージに写っているジオラマベース全体の完成写真は、企画同時進行の【30】1/100 バトロイドVF-1S(新金型)を改造して作ったような試作品でした。
よほど早急にこの4種のジオラマを発表したかったのだと思いますが、【22】1/100 バルキリー市街戦の発売には【36】ガウォークの金型が間に合わなかったのかも知れません。
.
ちなみに有井はマクロスシリーズの商品展開をこの4種のジオラマ以降、前出の1/100バトロイド(新金型)と1/100ガウォークの2点のバリエーション違いで、42番まで引っ張りました(マクロス商品リストをご参照ください)。
.
有井にとって情景モデルを4種づつ企画していく理由として、『ガンダム情景模型』シリーズの存在も視野にあったはずですが、既存の金型を有効利用できるジオラマには格段の魅力があったのだと思います。
いずれにしましても有井の『資源の有効活用』『少ない投資で大きな利益』というようなスタンスは、商品シリーズをまたいだとしても徹底して実行されていたということです。
★上記解説はすべて非公式な未確認情報(うわさ)です。